パンケーキで心の健康を改善

その栄養は届いてますか

健康のためにとサプリメントや健康食品を飲んでいるという方も、その栄養がしっかりと身体の隅々に届いているのかを考えたことは少ないのではないでしょうか。
私たち人間は、口から栄養の元となる食料やサプリメントを体内に取り込みます。

胃で胃酸によって溶かされて、腸で栄養素を吸収し、その栄養は血液によって身体の隅々にまで運ばれます。
ところが、便秘や下痢で腸の状態が悪くなってしまうと、栄養は十分に吸収されなくなってしまいます。
更に血液の流れが悪ければ、身体の隅々にまで栄養が運ばれてはくれないのです。

たとえば、便秘がおきると、腸内には便がたまったままとなりガスや悪玉菌が発生します。
そのほかにも発がん性物質などの有害物質が発生してしまいます。
これらの物質は血液に吸収されて、身体の中を駆け巡ることに。
さらに、血液に不要なものが溶け込んでいるせいで、必要な栄養分や酸素が運ばれなくなってしまうのです。

便秘になると吹き出物やニキビができるのも、こういった理由によるものです。
ということは、サプリメントや健康食品で摂取している栄養も、身体の隅々にまで届きにくい状態になってしまうのです。

健康な身体をつくるためには、体内の循環が正しく行われる必要があります。
食べたものを便として排出するシステムが正常であること。
そして、体内の不要なものを回収し、必要なものを届けるシステムが正常なこと。
この二つのシステムが機能しなければ、いくら栄養バランスの良い食事を心がけていても意味をなしません。
そして、この二つのシステムを正常に機能させるためには、睡眠と運動は欠かすことができないのです。

自律神経を正常に保たせるためには、しっかりと睡眠をとらなければいけません。
寝ている間に腸や内臓を働かせて、栄養の吸収や老廃物の処理を行い、運動することで血液の流れを生み出す心臓を活性化させる。
食事・睡眠・運動の三つはそれぞれ相互に作用するので、どれが欠けてもいけない三本の柱です。
健康というと栄養にだけ意識が向かいがちですが、基本となる食事・睡眠・運動の三つはどれもおろそかにしてはいけいものなのです。